LGBT

【ゲイ/出会い】初めての出会いにはTwitterがおすすめ!

tiadです。
まだゲイの世界に足を踏み入れて周りに誰も友達がいなかったとき、初めて出会い系で会うのってすんごい怖かったな〜と思い出して、いまもし当時の自分に戻ったら一番最初の出会いはTwitterを使うのがベストだなと思ったのでまとめます。

ゲイであることは自認できている、でもまだ自分以外のゲイには誰にも会ったことがない、出会いを探しているけど見ず知らずの人間といきなり会うのは怖い、という方はぜひご覧くださいませませ。

初めての出会いは誰でも緊張するもの

初めて同じセクシャリティの人と出会うのはとても緊張しますよね。同時に勇気も必要です。
世間的に少しずつオープンになってきているものの、やはり隠しているというのがまだまだ大多数ではないでしょうか?
初めて同じセクシャリティに出会うようなまだデビューしたての人なら尚更です。

学生であれば見ず知らずの人間と会って話すなんて経験も少ないまだまだ多くないはずなので、そもそも相手がゲイでなくとも緊張するはずです。

社会人であればある程度コミュニケーションの耐性は身に付いているかもしれないけど、学生の頃とは違ってそれこそ社会的な立場もある。「万が一周囲にバラされたらどうしよう、、、?」
初めて出会う場合、どのくらいの距離感で同じ世界の人間と接すれば良いのか、悩みますよね。

ということで最初の出会いは誰しもが緊張するものです。そして気合と期待を込めすぎて失敗するケースもままあるもの笑。tiadも例に漏れず最初のリアル(初めてのゲイの人との出会い)はお世辞にも成功とは言えませんでした笑。

そんな初リアルを成功させるため(もしくは大きく失敗しないため)にはSNS、中でもTwitterを利用して出会うのがイチバンです。

twitterであれば気軽に繋がれるし内面が見える

今ではすっかり身近なSNSとなったTwitter。

実はゲイ(専用のアカウントとして)の人もたくさん利用しています。
Twitterには初めてのリアルをする上で下記の4点のメリットがあります。

フォローのしやすさ

まずはフォローのしやすさです。
基本的に鍵がついていようがいまいがフォローリクエストを送ること自体は簡単です。
これが出会い系アプリならどうでしょう?

イイネやブリーディングなどはあるかもしれませんが、どうしてもアクションが一過性になりがちです。

Twitterであれば一度フォローできればその後(それ以前も)の相手のツイートを確認できますし、絡むチャンスだってできるわけです。
とにかくファーストタッチが容易です。

コミュニケーションのとりやすさ

コミュニケーションが容易に取れる点もTwitterのいいところです。

例えば、出会い系アプリであれば、一対一での絡みとなるため、お互いに緊張度がやや高くなりますし、何を話そうかな?なんてことも考えなくてはいけません。そして話が途絶えたら再度連絡するのは気まずくなりそのままフェードアウト、なんてことになりかねません。

ところがTwitterであれば、相手の普段のツイートで興味のあるツイートに反応すれば良いわけです。大抵コメント返しで何度もレスポンスし合うケースは多くないのでカジュアルにコミュニケーションを楽しめます(一回返信くればOK)。
もし返信コメントが1件もなかったとしてもTwitterであればあまり気にする必要はないでしょう。

距離の置きやすさ

Twitterでの絡みは、先述した通り一つのツイートを契機に何度もお互いにリプライを送り合うなんてケースは稀です。なので、一度やり取りしたら一旦の絡みは終わり、といったケースがほとんど。

出会い系アプリでのメッセージのように、返信がきたから次返さなきゃ、なんてことはあまりありません。いい意味でお互いの距離を取りやすいのです。絡みたいときに絡む、相手もまたしかりです。

相手の人柄が見えやすい

Twitterでは基本的に普段の何気ないことから、心情の底に秘めてる想いなど(というと大袈裟ですが)、その人を表すテキストで溢れています。

アプリでは表面的な情報を得ることはできますが、メッセージのやりとりを重ねない限り相手の深いパートまで知ることは難しいものです。

Twitterではフォローしているだけでそれが叶ってしまうので、非常に有益です。

出会い系アプリだとコミュニケーションコストが大きい

これも随所で小出しにしていますが、出会い系アプリは1対1でのやり取りになるため、こちらも向こう側も一定のストレスを感じることになります。

またログイン状態も感知できてしまうため、既読になっているのに、ログインしているのに返信が来ない、とか何かと気を揉むことばかり。

すでにゲイデビューして時が経っているのならこんなことは日常茶飯事、気にしない気にしないとなるかもしれませんが、デビューしたての頃は「自分が何かよくないことを言っちゃったかな?」「自分のルックスがいけなかったんだ」とかって何かと悩んだのを思い出します。

一人でも友人が出来たら繋がりはそこから波及的に拡げるのがおすすめ

なぜならあなたが友人だと思えるような人が仲良くしているので、マジでやばいやつ、なんて可能性が低いのです。

しかもそれほど気負いせずに出会えるのでかえって素の自分を見せることができます。
なのでゲイ 初心者の方でとにかく出会うのが怖い!って方はTwitterでまず1人目の友だちを見つけてその先は友人の紹介を介して輪を広げていくのが良いでしょう。

【ゲイ/出会い】ベストな出会い方はこれ!2020年版tiadです。 今回はゲイのベストな出会い方について考えてみました。 結論を先に言うと「友人に紹介してもらう」です。 内容...

まとめ

いかがでしたか?
今回は初心に立ち返ってみて、初めてのベストな出会いは何かについてまとめてみました。

一歩踏み出そう!と思ってくれた方はぜひ試してみてくださいね。
ちなみにtiadのアカウントはこちらですので、よければどうぞ!笑

tiadでした〜。