LGBT

【ゲイ】彼氏と長続きするには?心掛けたい10のコト【ゲイカップル】

時計

tiadです。

今の彼氏と付き合ってから3年が経とうとしています。
付き合ってわりとすぐ同棲し始めたので、同棲期間もそろそろ3年になります。

この前下記のような質問をゲイの友人から受けました。

ゲイの友人
ゲイの友人
もう付き合って結構長いよね。長続きしてるけど、何か心掛けてることあるの?

ということで今回はtiadの経験からゲイのカップルが長続きするために心掛けたいことをまとめます。

実際にできているかどうかは置いといて、出来ていればもっといいのに・・・ってとこもまとめます。

お互いに干渉し過ぎない

誰だって自分の時間は大切です。

例え付き合っていても1人の時間は必要。特に同棲している場合は、お互いに干渉し過ぎるのは辞めましょう。

相手が勉強や仕事、趣味など何かしら集中したい状況であれば、気を遣ってそっとしておいてあげましょう。

自分が寂しいからといって相手の時間を全て奪ってはいけません。

お互いの1人の時間を尊重しましょう。

定期的にコミュニケーションする時間を取る

同棲していない場合もそうですが、同棲しているとついつい毎日同じようなやり取りで1日を終えがちです。

1週間に1回くらいはゆっくりコミュニケーションをする時間を取りましょう。

何も膝をつき合わせて話す必要は無くて、一緒にゲームをしたり、映画を見たり、とにかくお互い同じ時間を共有する時間を作りましょう。

あなたが普段忙しい人なら尚更です。相手に寂しい思いをさせないようにしましょう。

家事は頑張りすぎない

一方が完全に仕事をしていない場合を除いて、お互いに家事はあんまり頑張りすぎないほうがいいと思います。あくまでも最低限。

あまりにもこだわりを強く持ちすぎると、相手は窮屈に感じてしまいます。

どうしてもこだわりたいものがある場合は、自分の中だけで完結できるものに留め、お互いが絡むものは諦めるくらいの気持ちでゆるーくやっていきましょう。

疲れて帰ってきて洗い物をしろとか、お風呂掃除しろとか、洗濯物しろとか、自発的にやるのならいいですが、一方的に言われると本当に気が滅入ります。

相手の友達付き合いに口を出さない

恋人との時間はもちろん大切ですが、同じくらい友達付き合いも大切です。特に一緒に住んでいる場合は、お互いある程度我慢が必要。

友人同士の楽しい時間はそんなガス抜きにもなっているのです。
長続きさせたいのであれば、お互い友人も大切にしましょう。

相手の友達の悪口を言わない

彼氏の友達の悪口を言うのは辞めましょう。
自分が普段つるんでる人間は自分を映す鏡でもあります。

そんな鏡を否定するのはあなたの大切な彼氏を否定するようなもの。むしろ褒めるくらいのスタンスで居ましょう。

あと、会話の中で頻繁に出てくるような友人の名前くらいは覚えておきましょう。
彼氏にサプライズしたい時なんかは役に立つ情報なはずです。

相手の夢や仕事にダメ出ししない

これも友達を否定しないことと同じく大切です。
ゲイと言っても男の面はもちろん持ち合わせていて、自分の仕事や夢には少なからずプライドを持っています(もちろん女性が持っていないという意味では全く無いです)。

自分に置きかえてみてください。
もし彼氏が自分の夢や仕事に否定的だったら辛いですよね。本来なら寄り添ってゴール達成に向かうのがあるべき姿ではないでしょうか?

ダメ出しは相手の上司あたりに任せておいて、あなたは思いっきり彼氏を応援して、人生を共にしましょう。

家族にならない

これってとても難しいことだけど、とても重要なポイントだと思います。

”家族のような”安心できる存在であるのはいいけど、お互いにやってもらって当たり前とか、一緒に居るのが当たり前の状態になると、トキメキ的なやつを忘れてしまいます。

あくまでも恋人。あの頃のキラキラを忘れないためにも、お互い少しの距離の余地を残しておいて、気遣いながら恋人としてずっと一緒にいましょう。

何でもかんでも全部話さない

これも家族にならないに付随するかと思います。

恋人だからと言って全てをさらけ出してしまうと、あなたの隠れている部分が無くなってしまいます。

人間は少しくらいミステリアスな部分があった方が、ずっともっと知りたい!と思うはず。

あなたの知らない私が居ることをチラつかせながら恋人の関係を長く楽しみましょう。

お金の管理はしっかりと

特に同棲しているなら尚更です。

年齢や収入の開きが大きかったとしても、払ってもらって当たり前、出してもらって当たり前はよくありません。

きちんと感謝の気持ちを持ちながら接しましょう。

多めに出す側も、相手のためにも決めた範囲でしっかりとお金の管理をしましょう。

喧嘩は翌日に持ち越さない

喧嘩を翌日に持ち越さないこと。

SNSで他の男に媚売っていた、酔っ払って帰ってきて迷惑をかけた、デートの時間に遅れてしまった、付き合っていると本当に色んな喧嘩が起こるシーンがあります。

瞬間的に怒ってしまうこともあるでしょう。でも、よっぽどのことでなければ、いちいち翌日に持ち越すのは辞めましょう。

あなたが引きずれば引きずる程、相手も気が滅入り、「こんな思いをするくらいなら・・・」と気持ちが遠のいてしまう可能性は少なくありません。

お互い意見がすれ違った場合でも、翌日に持ち越すのは辞めましょう。
お互いに認め、許し合うことは長く一緒に居る上でものすごく大切です。

まとめ

いかがでしたか?
自分でまとめながら気づいたのは10個のうち、8個が〜しない、でした。

なので、何も特別なことをする必要はあまりなくて、〜しないように普段から気をつけることが大切かなと思います。

それはそれでそんなに簡単ではないですが笑。

お付き合いしている方と少しでも長続きするための参考になれば幸いです。

tiadでした〜。