キャリア

【就活】専攻と違う分野に就職してもいい!中々決断できないあなたへ。

tiadです。

就活で業界を決めないと・・・でも正直今の専攻とは全く関係ないところが気になってる・・・。

親やキャリアアドバイザーは他の分野は厳しいって言ってるけど、どうしよう。

なんて思っている方に向けて、仕事と大学の専攻は全く別のものであっても大丈夫と言うことをまとめます。

就活で迷っている方は見てね。

専攻と違う分野に就職して全然OK

結論として専攻と全然違う分野に就職してOKです。

理由を深掘りします。

そもそもなぜ躊躇するのか

その前にそもそもなぜ躊躇するのか、を考えてみたいと思います。

”大学で学んだ専攻分野(これまで積み上げてきたこと)をみすみす捨てるような気がする”

“親やキャリアアドバイザーの反対にあっている”

”行きたい分野の将来性が不安”

tiadが思いつくのは上記3点。

1つずつ見ていきます。

同じ業界でも大学で学んだことを全く使わない仕事もある

まず1点目の大学で学んだ分野をみすみす捨てれない問題です。

だけどこれ、結構間違っていると思います。

なぜなら、大学で学んだ専攻のことをそのまま使う仕事は少ないと思うから。

tiadは専門色の強い薬学部の出身ですが、そりゃ薬剤師になるなら大学で学んだことがダイレクトに生きる仕事です。

しかしtiadの所属は薬剤師ではなく、研究者を要請するコース。
なので元々の望み通りに行けば一番いいのは研究者になること。

でも6年学んで実際に研究職に就く同期はものすごく少ないです。

次に有力なのが開発系です。tiadのいたところでは、この開発職が最も多かったのですが、開発職となると大学の専攻で学んだことをそのまま使うなんてシーンはほとんどありません。

これは実際に開発職として勤務している友人も言っていることです。

薬学部という専門職が強い学部ですら、実際にそのまま学部で学んだ知識を使う仕事は稀なのです。なので全然別の分野の仕事についたって大丈夫です。

ちょっとくらい他の専攻出の同期に最初は負けていたってすぐに追い越せます。

ゼロベースで考えるのは怖いことじゃない

専攻と違う分野に行ってゼロベースから始まるのは怖いことじゃありません。

考えてみてください。そもそも今の専攻に入学した当社はゼロベースだったはずです。

社会に出ると同じ会社の中にいても異動や新たなプロジェクトでゼロベースから始まることは往々にしてあります。

なので、むしろゼロベースでインプット・アウトプットする機会が多ければ多いほど、どこの業界に行っても活躍できる人材になる可能性は高まります。

経営コンサルタントの方なんかはそうですよね。1つのプロジェクトが終わったら、また全く違うプロジェクトで鬼のようなスピードでインプットして業務を行う。

だからこそ経営コンサルタントの方には優秀な人が多いのです。

ゼロベースで考えて、行動して、大きな変化に柔軟に対応できる人になりましょう。

大学生活で重要なのは学問を通して自分の頭で考える力を身に付けること

じゃあ、大学生活で学ぶことは無駄なのか?と言われるとそうではありません。

大学で一生懸命に1つの学問に打ち込んだ経験は社会に出てからとても役に立ちます。

大切なのは学問することの型を学ぶこと。学ぶための練習と言ってもいいかもしれません。

それと同時に学ぶことの楽しさも学びます。

なので、極論を言ってしまえば専攻自体はなんでもいいのです。

一度本気で学ぶ機会があった人とそうでない人では、社会に出て雲泥の差がつきます。

社会に出てからの勉強はもっとハードですからね。

まとめ

いかがでしたか?

まぁ正直、これまで4年ないしは6年間積み上げてきたものを手放すようで怖いですよね。

でも、実際には手放すことなんてないんです。

あなたの過ごした大学生活はあなたオリジナルの経験です。

この経験をどう活かすかはどんな仕事に就いても自分次第です。

思わぬところで大学で学んだことが役に立つこともあります。本当です。

なので、やりたいことがあるのであれば、そこに向けて思いっきりチャレンジしましょう。

数年間過ごして、やっと自分にはもっと熱心に取り組みたい分野が分かったのに、この先も熱心になれない同じ分野で頑張るなんてそもそもキツイです。

自分で決めて、自分で行動して、改善を繰り返す。
就活で耳にタコができるほど聞きますよね。PDCAを回すって。それと同じことです。

少しでも背中を押すきっかけになれば嬉しいです。

tiadでした〜。