Tips

なんか楽しいことないかなぁ?失って気づく日常の大切さ

tiadです。

なんか楽しいことないかなぁ?とふと思う時ありますよね。
tiadも時々思います。

昔々からそう思うタイミングは何度なく訪れてくれのですが、最近気付いたことがあります。

それは、なんか楽しいことないかなぁ?と思えるのは幸せなことってことです。

ということで、今日も偉そうにまとめます。

なんか楽しいことないかなぁと思っているうちは平和な証拠

冒頭で、何か楽しいことないかなぁ?と思えることは幸せなことだと書きました。

その理由がズバリこれです。

tiad
tiad
何か楽しいことないかなぁ?

そんな風に思ってるうちは毎日が平和なのです。

辛かった経験や大変だったことを思い出してみてください。

例えば、金欠状態なのにも関わらず、急に現金が必要になって借金しないといけなくなった(いまtiadこれです笑)、肉親や親しい人が亡くなった、リストラされた、病気になった等々。

こんな状況に陥ったらそのことばかりが頭を占めて、とても何か楽しいことないかなぁ?と思っては居られませんよね。

なので、何か楽しいことないかなぁ?と悩んでいるうちは幸せ、毎日が平和な証拠です。

何もない毎日を感謝して享受しましょう

何か楽しいことないかなぁ?と悩めるのは心に余裕がある証拠です。
先述した通り、毎日の日常に気がかり出来事があるとそんなことを思う心の余裕はありません。

今の”何も悪いことが起きていない状況”にこそ、感謝して、その喜びを享受するのが良いです。

tiadはいつも何か楽しいことないかなぁ?と思ったと同時に、そうか、今は他に自分の頭を占めてしまうほどストレスに感じることがない状態なんだ、あぁ、なんてありがたき幸せ!!みたいな感じで思うようにしています。

そして大体、何か悪いことが起こると、あぁ、あの時は何も悪いことが起きてなくてなんて幸せだったんだ!!と思います笑。

新しいことを初めてみるのが吉

とはいえ、決して何にもない毎日を惰性で過ごすのが良い訳ではありません。
何か楽しいことないかなぁ?と思えることは、心に余裕があるとき。

普段何かしら成長したい!と思っている人は、これを活かさない手はありません。
加えて、別に成長したい!と思っていなくて、純粋に楽しいことを増やしたい!と思っている人は何かしら新しいチャレンジを始めるチャンスでもあります。

なんでもいいです。面白くなければすぐ辞めてもいいです。

例えば英語の勉強、しかもコアな勉強。

僕は今会議で使う英会話を勉強しています。会議で英語使わないのに笑。そして、会議で英語を使う予定もありません笑

でも、これはあくまでも”なんか楽しいことないかなぁ”の”楽しいこと”です。
なのでそもそもの目標を達成しているからそれでOKなのです。

なので、逆に楽しくなくなったらすぐ辞めます笑。

他にも、最近はランチに必ず毎回違う店を選択するっていうのをやっています。
今までは、3〜4つくらいの固定の店をぐるぐるするだけだったのですが、思い切って新しい店を開拓し始めました。
そうすると、もちろん失敗もありますが、固定化された店を超える店に出会えた時の喜びはひとしお。
職場近辺のランチ事情に詳しくなるので同僚との会話も弾んだり弾まなかったりしています。

みたいな感じで、本当に些細なことでもいいと思うんです。
少しの変化で毎日に彩りを(なんのキャッチコピー)。

まとめ

いかがでしたか?

何か楽しいことないかなぁ?と悩んでいるあなたは、頭がそれでいっぱいになってしまう程の悪いことが起こっていない、幸せな毎日を送っています。

そう考えると、なんだかちょっと得した気になりません?(なりません?笑)

心に余裕のある幸せな状態にある日常に感謝しつつ、せっかくなので何かしら自分でアクションを起こしてみましょう。

tiadでした〜。