LGBT

【ゲイ/彼氏】彼氏がゲイだった?!でも諦めるにはまだ早いかも。

tiadです。

ネットサーフィンをしているとゲイ関連の話題で多いのが、「彼氏がゲイでした・・・」って話題。

ということで、今回は女性に向けて「彼氏がゲイだった!」場合についての対処法をゲイ当事者であるtiadなりにまとめてみたいと思います。

大人しく諦める

初っ端から辛いかもですが、大人しく諦めて別れるのがお互いにとっていいのでは?とtiadは思います。

もしも貴女が「私はレズだから、恋愛面で本気で彼氏を好きになることはないけど、カモフラージュ出来るからお互い良い」ってことであればこのまま付き合いを続ければいいと思いますが、そんな状況ならそもそも「彼氏がゲイだった!」って騒がないですよね。

なので、貴女が本気で彼のことを男として好きなのであれば、そして彼氏がゲイであると断定できるのであれば、諦めて次の恋を探すのがベストな道だと思います。

本当にゲイなの?を疑う

とは言えこれで終わりではありません。

tiadが思うに、実は大切なポイントって「彼氏が本当にゲイかどうか」だと思うんです。

なぜなら、tiadのようにゲイの世界で過ごしていると分かるのですが、ゲイと一口に言っても、その定義も人によって様々だし、いろんなゲイがいます。

例えば、女の子も好きだし、男も好きなバイセクシャルの人。

これも一口にバイセクシャルと言っても、ざっと分けても下記のパターンがあります。

・どちらかと言うと男の人が好きなバイ
・女性の方が好きなバイ
・身体の関係は男の方が相性がいいけれど、恋愛として大切にしたいのは女性だっていうバイ
・家庭を持ちたい気持ちが強いバイ

などなど。

しかも男の方が好きな度合いと女の方が好きな度合いも人によって全然異なるし、例えば昔は女の方が好きだったけど今は男性の方がより好きだって人とか、男女の好き度合いの尺度も人によって異なりますし、時系列的にも流動的で、本当に超様々です。

なので、おそらく何かしらのキッカケで貴女は付き合っている彼を「ゲイだ」と判断したのかも知れませんが、彼が「どのくらいゲイなのか?」はたまた貴女の言う”ゲイ”はどこからどこまでを指すのか、その定義と彼の中の”ゲイ”の定義にどのくらい乖離があるのか、その辺りを話し合ってみるのも1つだと思います。

中にはゲイ寄りだけど、貴女だから恋愛できる、なんてケースもあるかもしれません。

無理に付き合う必要はない

しかし、そこまでしなくても、「自分は大切にされていないんだ」と感じるのであれば、そのまま諦める(別の表現だと別れる)のももちろん手段だと思います。

ただ、さっぱりそう思えるのならこの記事には辿り着いていないはずですよね。

どうしてもモヤモヤする何かがあるから、こうやってネットを使ってこの記事に辿り着いたんじゃないかなーと思います。

なので、大切なのはまずは彼氏は本当にゲイ(その尺度も含めて)なのか?

黒か白かじゃなくてグレーなケースがほとんどです。

そのあたりを可能であれば話し合い、お互いが納得する結論を出すことが最適なのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたか?

大切なのは、まずは彼氏が本当にゲイなのかどうか、そこを勝手に判断せずにきちんと向き合うこと。

そして、それはまだ好きで諦めきれないのであれば尚更です。

少しでも解決に向かえば嬉しい限りでっす。

tiadでした〜。