Tips

小さな挑戦を積み重ねて大きな挑戦へ。一歩踏み出して新しいことにチャレンジしよう。

tiadです。

挑戦の数は決断の数。挑戦すればするほど、人生は豊かなものになると信じています。

これまでも、小さな挑戦から大きな挑戦まで積み重ねてきました。

チャレンジしようと思っているけど中々踏み出せない・・・

そんな方に向けて、一歩踏み出すための後押しになれば幸いです。

これまでの挑戦

書いている人が挑戦の数が少ないと説得力がないと思うので、tidaがこれまでしてきた小さなチャレンジから大きなチャレンジまで簡単にまとめます。

英語科→理系への進学 大学進学を機に理系に転身。高校時代の授業は英語メインだったため、理系科目は独学追加で勉強
研究室変更 大学→大学院への進学のタイミングで研究室を変更。全く新しい分野を学ぶことに。
大学休学 家族の療養のため大学を半年間休学へ。半年遅れという異例の状況で修了。
ゲイをカミングアウト 親しい友人にゲイであることをカミングアウト
見知らぬ土地で住み込み農業体験 北海道の極寒の地で面識もない人達と住み込みで農業生活
営業職への就職 周囲が研究職や開発職に就職する中、選びたがらない営業職へ。トップセールス記録。
TOEIC880点取得 独学でTOEIC880点を取得。
全くの異業界への転職 全く知識もない状態からWeb業界へ。社内最速で資格取得。
ブログ立ち上げ tiadの刹那主義を立ち上げ。これは43記事目くらい。

こんな感じでいくつかチャレンジしてきました。

全て今のtiadをつくる上で重要な出来事です。なんかまとめると自慢っぽくなるけどそういう意図があるわけではありません笑。

今では割と思い切って新しいことに挑戦できるようになり始めたtiadですが、以前は全くもって新しいことに挑戦するのは苦手でした。

深掘りします。

とことん周囲に相談しまくる学生時代

新しいことに挑戦するのは苦手でしたが、常に挑戦したいという気持ちはずっとありました。

しかし、20歳くらいまでずっと保守的な考えを養ってきたので、中々新しいチャレンジをするのは勇気が要りました。

具体的に言うと、ずっと進路を変えたかったんです。

僕が大学選びの軸にしていたのは将来の”安定した収入”。

家族もこれには大賛成で、入学が決まった時はとても喜んでくれました。

しかしその一方で、僕の心は晴れません。”安定した収入”という軸に最も重きをおいた進路は、毎日が楽しいとは言えませんでした。

そして大学という大きなコミュニティに入って、いろんな周囲の人を見ているうちに、心底やりたいことをして生きている人がいることに気づきました。

衝撃的でした。
正直、みんなが将来のことを考え、なるべく安定して、いい給料をもらうことに一番の重きを置いて進路を選んでいると思っていたからです。

そんなこんなで、僕は”本当にやりたいこと”をずっと周囲に言いまくっていたのですが、その時に一番求めていたのは「やりなよ!」って後押ししてくれる言葉でした。

しかし、友人も友人なだけに、僕の将来のことを案じて責任のないことは言えません。親は尚更です。「大学院まで行ってるのに今更何言っているの?」っていう感じでした。

まぁ、まさにその通りって感じですが、ずっとモヤモヤしていました。

そんな風にモヤモヤしながらも、結局は現状維持することでモヤモヤに蓋をしていました。

小さな決断を積み重ねれば大きくチャレンジすることも可能になる

そんなモヤモヤを抱えながら学生生活を過ごしていたわけですが、ふと振り返ると、僕はそれまでにも程度は大きくないけれどチャレンジを繰り返してきたことに気付いたんです。

そもそも大学入学する時は決心して浪人してまで理系の学部に入学したし、当時異例だった研究室を変更することも経験しました。

急遽休学せざるを得ない状況になったことも。

【大学/休学】休学のメリット、デメリットについてtiadです。 tiadは大学時代半年間休学しましたが、当時は休学するものか否か超悩みました。 結果、総合的には休学して良か...

それでもなんとかなっていることにも気付きました。

思い切って北海道に農業体験も行きました。人生でここで経験しておかないと絶対に経験することはないだろうと思って。

農業の住み込みアルバイトをしてみて分かったド田舎の暮らしの素晴らしさtiadです。 僕は大学院を9月に修了したので新卒で入社するまで半年自由な期間がありました。 その時思い立ったのがこれです。...

色んなバックグラウンドを持った人々と関わるうちに、全然大丈夫じゃん!色んなことにチャレンジしたって、結構なんでもないじゃん!って思うようになったんですね。

今では転職もフリーターも経験し、自分のやりたいことに向かって日々過ごしています。

また新しいチャレンジも控えていて、あの頃の自分と比べると1000倍くらいキラキラしています。

もちろん大変なこともたくさんありました。お金なくてやべぇってなることもしばしば。仕事新しいことばかりでついていけない・・・とか。

でもそんなのあの頃のモヤモヤを感じながら過ごしていた日々よりもめちゃくちゃ価値があると思っています。

自分がチャレンジした道なら自分は頑張れるんだと気付きました。

いきなり大きなチャレンジは難しいけど、少しずつ小さな決断=チャレンジを積み重ねていけば、大きなチャレンジも怖くなくなります。

なので小さなチャレンジを積み重ねるためにも夢はたくさん持ちましょう。

https://tiad.xyz/2018/12/22/post-12/

まとめ

いかがでしたか?

最初は誰しもチャレンジは怖いもの。

でも意外と一歩踏み出せば、そのあとはなんとかなるものです。

大切なのはその一歩を踏み出すきっかけ。

この記事がそんなきっかけの一部にでもなればとても嬉しいです。

決断の数は挑戦の数。まずは決断して行動に移しましょう!

怖いものも少なくなりますよ。

もしも挑戦して窮地に陥ったらこちらの記事をどうぞ。

逆境は成長の大チャンス。逆境を利用して成長の糧とせよ。tiadです。 今回は逆境こそ成長するチャンスですって話をまとめます。 今逆境に置かれている人も、これから逆境に置か...

tiadでした〜。